Gracious

”Life changes in an instant... This moment, your moment, it only happens once." 私らしいスタイルで、今より少し上質な暮らしが理想のICです。日々感じたことや出来事、白い子犬(ミニチュアシュナウザー)のことを綴っています。

2007年06月

新居入居前から、すごく迷っていた電話機。とうとう購入しました。シャープの電話機です。右に見える子機タイプ2台でもいいかなと思いましたが、結局このタイプにしました。デザインが気に入ったので決めたのですが、お値段も他のデザイン家電と呼ばれるものに比べると、それほど高くはなかったかな・・・。 ただ、主人がネットで調べたところによると、『使い勝手はもう一つ!?』らしく、『痒いところに手が届かない電話機』だそうです(^▽^;)。どうなんでしょうね~(^^ゞ。

昨日、娘のお友達が二人遊びに来てくれました。庭で仲良く遊んでるなあと、ママたちとお茶を飲んでいると、その間に、なんと庭に川が出来ていました!それもダム付き!2メートル以上の長さできれいに蛇行させ、ダムも作って、深いところは15センチほど掘って・・・です。我が家の分譲地はかなりの粘土質、土は外構工事のときに入れ替えてもらっていたのですが、上部に撒かれてた細かい砂利と粘土がもう混ぜこぜで、エライことになっていましたヾ(▼ヘ▼;)! ママたちと一緒に何とか埋め戻しましたが、写真の通り赤茶色の土が出たままです。この土が粘土質で、靴の裏についたらなかなか取れない!このままテラスに子供たちが上がったものだから、テラスは土だらけ・・・。 私は今朝から、何とかテラスをスポンジでこすってきれいにしましたが、土は・・・どうしようもないんです。砂利が混ざってしまってないんですものo(;△;)o。このままではずーっと足に付いて、テラスは・・・、Y(>_<、)Y。考えただけでめまいがしてきました。 これは、砂利を買ってきて上から撒くしかないか?!と思っていますが、どうしたらいいんでしょう・・・( ̄ー ̄;。 そして、子供の洋服から下着まで、土がシミになって落ちない!もう、お砂場は別に作り、もう掘るのは絶対やめさせます!

入居して二ヶ月(もうすぐ三ヶ月になりますが)、ちょっと遅くなりましたが、呼吸の道タワーのお掃除をしました。取扱説明書に沿って、ガード部分のグリルをはずしてみると、上部の換気グリルの除塵フィルターはそれほどでもないのですが、下部の循環グリルの循環フィルターはすごく汚れていました。こんなところから空気が出ていたのか!と思うと、ちょっとヘコミました。
でも、上下でどうしてこんなに差があるの?って思ったのですが、循環フィルターは緑茶カテキンやスーパーアレルバスター、バイオ除菌などのように特殊加工されたもので、換気フィルターよりも効率よく除去でき、フィルター効果が優れているようです。そして、水洗いは厳禁!だそうです。 蒸し暑いこの頃、この排気コーナーから出る風は涼しくて心地よいのですが、結構手間のかかる、このタワーのお掃除はちょっと面倒かな・・・、正直な気持ちです(^^ゞ。

以前物干しについての記事をアップしました(物干しは屋根あり?屋根なし? )が、我が家の洗濯物は2階ベランダに取り付けた物干しに干しています。グッとベランダからも立ち上がった感じで干していたので、お日さまも風もよく当たって、洗濯物がとてもよく乾いていました。が、しかし・・・、見た目が・・・(-""-;)でした。南側の遊歩道、道路から見ると、洗濯物がひらひら~としていて、二軒先から続くモデルハウス通りに比べて、生活感いっぱい!でした。 そこで、物干しの取り付け位置を思い切って下げてみました。その様子が上の写真です。下から見た感じでは、ほとんど洗濯物は見えません。ひらひらするものもなく、『すっきり!』しました。洗濯物の乾き方が心配でしたが、今のところ特に問題はなさそうです。今になってみると、どうして入居当時から気がつかなかったのかと思ってしまいます。

今日は朝からすっきりと晴れて気持ちのいいお天気だったので、我が家の観葉植物『アマテ』と『オーガスタ』の日光浴をしました。普段は、『アマテ』は明るい日当たりのよいリビングに、『オーガスタ』はほとんど日の当たらない玄関ホールに置いています。 今日は水をたっぷりあげて、明るいお日さまの元で風に当てました。 『アマテ』は変わりなく元気そうですが、よく見ると『オーガスタ』の土の表面に小さなコバエのような虫がいっぱい飛び回っているのを発見!早速、主人が植物用の殺虫剤を散布しくれました。室内に戻すときには、特に飛び回っている虫はいなかったようです。お友達のところの『オーガスタ』はうようよと這っている虫が大量に発生し、気がついたときには床を這い回っていたという恐ろしい話を聞いているので、何とかこれで納まって欲しいものです・・・(^o^;)。

↑このページのトップヘ