Gracious

”Life changes in an instant... This moment, your moment, it only happens once." 私らしいスタイルで、今より少し上質な暮らしが理想のICです。日々感じたことや出来事、白い子犬(ミニチュアシュナウザー)のことを綴っています。

2008年02月

これは私の一番好きな絵本『おつきさまはきっと』です。 (本当にお気に入りなので、前にも紹介したかも・・・) 「日がくれて、そとはもう暗くなりました。 窓から、おつきさまが顔をのぞかせています。 今ごろ、おつきさまはきっと・・・」と始まる絵本で、絵は『リサとガスパール』と同じゲオルク・ハレンスレーベンが描いていて、色使いははっきりしていてカラフルですが、独特の筆のタッチが優しく温かみを感じます。 世界中のどこからも見えるおつきさまが野原や砂漠や海、山や草原、いろんな場所の「おやすみなさい」を見守っている・・・。 穏やかに眠りにつくことの出来る安心感と、まだ行ったことのない未知の地に思いを馳せる・・・なんとも言えない心地よさ、そんな感じが、初めて手にしたときから忘れられず、大切にしている一冊です。 娘が三歳の頃から何度も何度も読み聞かせしてきました。 ここ一年ほどは読んでいなかったのですが、昨夜、風邪をひいてしまった私に娘が読んでくれました。 いつもは自分の読みたい本を選んでいる娘が私のためにこの一冊を選んで読んでくれたことに感謝です。 改めて、「いいなあ」と思ってしまいました

明日で二月も終わります。 これは、娘が幼稚園で作って持って帰ってきた『お雛さま』です。 (娘のマイブームなのか、やっぱりウィンクしてます('-^*)/ リビングのシースルー階段に飾っています。 実は、本物ののというか、我が家の正式な『お雛さま』はまだ飾っていません。 我が家の『お雛さま』はお内裏さまとお雛さまの二体で、そんなに大きなものではありません。 家族の一番集まるところ、リビングに飾ろうと思っていて、少し低めのところを考えています。 ただ、今度の金曜日に娘のお友達や妹ちゃん、弟くんたちが遊びに来てくれるので、ちょっと怖くて・・・出せてないんです。 まだ子供が小さいうちは、高めの棚か何かで気軽に触れないところがあればいいのですが、残念ながら我が家には見当たりません。> 主人には、マイホーム計画の時点で飾るところをしっかり考えておかないからだと言われています。 確かにその通りかも・・・。 本当にギリギリになりますが、やっぱり毎年飾らないと・・・。 週末には何とか飾るようにします。

娘の幼稚園生活も残すところあと一ヶ月を切りました。 娘の幼稚園では、卒園に際して、担任の先生へのプレゼントとして、クラスみんなの写真や先生の似顔絵、メッセージを添えた記念アルバムを作ることが恒例のようです。 我が家でもまず、娘に先生の似顔絵を描かせました。 ここのところ、娘の描く人物の絵は必ずウィンクしているのですが、やっぱり先生もウィンクしています('-^*)/。 そしてカードには運動会での娘の写真を貼り、親である私達からのお礼の言葉を綴りました。 楽しかった幼稚園生活、お世話になった感謝の気持ちを考えるだけで、ちょっと胸が熱くなってきました(T_T)。 最後に娘が先生への『ありがとうの言葉』を書きました。 内容は「ようちえんをはなれることがだめで いちねんせいになってみたいけど いちねんせになり おおきくなります たのしかったようちえんはおもしろい ほんとうにありがとうございます」でした。 6歳と7ヶ月で、精一杯考えた言葉でした(*^.^*)。

娘のお気に入りのおもちゃ「汽車ぽっぽ」です。 これはスェーデンの『Micki』のもので、三歳頃に購入しました。
女の子だったこともあり、これが唯一と言っていい乗り物系のおもちゃでした。汽車とレール、駅舎、人の単純なおもちゃですが、線路をつないでガチャガチャ動かして走らせる・・・本当によく遊びました。 学習机が届いたこともあり、子供部屋にあるおもちゃを片付けています。大きく成るにつれて、登場頻度が少なくなったおもちゃもたくさんあります。 でも、こういう木のおもちゃは温かみがあって、娘が成長しても大切に残しておきたいと思っています。

娘の学習机が届きました。 迷った結果選んだのは、以前の記事desk購入しました にもアップしていたアルダー材のオイル塗装のデスクです。 サイズや色は大体思っていた通りでしたが、一つだけ意外なことが・・・。 それは、引き出しに使われている『桧』です。このデスクの引き出しの内部は『桧材』が使われていて、その性質を生かすためか無塗装なのです。 お店で見ていたときもいい香りがするなあと思っていたのですが、実際に娘の部屋に置いてみると、その香りはかなり強く、六畳の部屋のドアを開けた途端、なんとも言えない『桧の香り』がいっぱいに広がります。 デスクを置くにあたって、ちょっと模様替えをしたのですが、ああ~やっぱり新築の匂いがまだするなあ・・・なんて思っていたら、なんてことはない!デスクの引き出しの香りだったのです。 作られた人工的な香りではなく、自然の香りってやっぱりホッとしていいものですね。 思いもよらず、ナチュラルな香りに、ちょっと得した気分です。

↑このページのトップヘ