Gracious

”Life changes in an instant... This moment, your moment, it only happens once." 私らしいスタイルで、今より少し上質な暮らしが理想のICです。日々感じたことや出来事、白い子犬(ミニチュアシュナウザー)のことを綴っています。

2011年07月

7月21日、娘が10歳になりました。

真夜中に生まれ、次の日はカンカン照りの暑い日でした。

あれからもう10年。本当に早いものです。


一つ、二つ、三つ・・・・・・九つ、十。 以前、「つの付く歳まで膝の上」という言葉を聞いたことがあります。 ずっと心に留めてきた言葉です。 娘も無事に育って、つの付く歳を終えました。

 一応、teen ager の仲間入りです(^^);

これからは、親として、ど~んと突き離すということではありませんが、少しずつ自立出来るよう手を離すところは手を離し、見守るようにしたいと思います。 
BlogPaint


メーカーのショールームイベントで行なわれていた似顔絵コーナーで描いていただいた娘の顔。

 携帯の待ち受け画面からなのに、そっくりでびっくり! いつもこんな笑顔でいられるといいね。 10歳のお誕生日、おめでとう~♪

  dd3979e3.jpg 日曜日の今日、涼を求めて、川辺にやって来ました。                                




































 自宅から少しの距離にある桐生キャンプ場です。


午後から出かけて来たので、我が家は飲み物だけですが、バーベキューやキャンプの人たちですごくにぎやかです。


娘と主人は魚や沢蟹を探してます。


 水は澄んで透明。蝉の声とせせらぎの音。時折風の通る、青々とした木々の中は、思ってた以上に涼しく、快適。 家でゆっくり…がいいかなと思っていましたが、ちょっとした避暑になりました。

思い切って出かけて来て正解でした。

今日の夕ご飯は、鰹の竜田揚げ。 fe95ecd4.jpg





















「美味しい~♪」と言ってくれた娘。

でも、その後、「鰹、何回出るの?」

「?!」


よく考えると、ここ最近では、「鰹のてごね寿司」、「鰹のたたき」も作ったような・・・・・。

家族が皆好きだから、魚屋さんでお刺身用の鰹が出ていると、ついつい買ってしまうんですね。

 私、献立考えるの得意じゃない・・・・・。


 娘に指摘されて、ちょっと反省しました(^^);

最近、娘が公文の宿題をするのに、朝早く起きるようになりました。 だいたい5時45分くらいでしょうか。 それに合わせて私も少し早起きするようになっています。

そして今日は、もう少し早起きしました。5時前に主人が起き出しランニングに、そして私も同時出発で、ウォーキングに出かけました。
家を出てしばらく歩き、振り返ると、太陽が昇り始めていました。

 1df8c09c.jpg ひんやりと涼しく澄んだ空気の中の一人で歩く・・・・・・・・・自然と気持ちが落ち着いてきます。






































公園近くでは、大好きな紫陽花が咲いていました。 とても綺麗なブルーでした。
 e45e7d46.jpg 娘が起きる前までなので、ほんの短い時間でしたが、程よく汗をかくことが出来ました。





































そして、家に帰って、菜園を見てみると、トマトがいつの間にか大きな実をつけていて、びっくり! 43dc2883.jpg

















 色付くのはいつかな・・・・・とまた楽しみが増えました。

 この後はいつもの家事が倍速ぐらいのスピードで終えることが出来、なんだかとても得した気分でした。

CMで朝一時間早く起きてみるというコピーがありますが、確かに朝の一時間はすごく貴重だと実感しました。

この暑い夏の間は、朝時間を有効に使いたいと思いました。

今日は娘のお稽古ごともなく、少しゆったりした夕方。

宿題をする娘と少しおしゃべりをしていると、急に雷と雨が・・・・・・。

 激しく降った後、窓を開け回りながら、ふと外を見ると、 ef77ded4.jpg





















二重に虹が出ていてびっくり!(写真では少しわかりにくいかもしれません・・・) 慌ててデジカメを持ち出し、写真を撮りました。

綺麗に写っていたのは、娘が撮った写真でした。


今月は私は、週末にメーカーショールームでのフェアやイベントあったり、夏休みが近づき、娘のお稽古のスケジュールを立てたり・・・・で、なんとなく余裕のない毎日でしたが、この虹を娘と見られたことでちょっとホッと一息つけました(^^)v

↑このページのトップヘ